about

珈琲をおいしく楽しまれる皆様へ

毎日、ありがとうございます。

今日もいい香り立っていますか。

有機栽培、無農薬のコーヒー豆を使って、丁寧に自家焙煎しております。

 オーガニック=(イコール)おいしいコーヒーか? フェアトレードは品質がいいか? その公式は「?」です。 人気の要因になるのは、カッピングのランキングの高いもの、又は、低価格のものという気がします。そして、一度は飲んでみたい、というコーヒーは、その稀少性だったり、信頼出来るブランドや、珈琲製造・販売のカリスマ性だったりしていると思います。

 わたしは焙煎者に憧れとリスペクトとロマンを抱きます。勿論農場の生産者さんへもリスペクトを持っていきたいです。コーヒーそよごは美味しさを追求していますが制約を加えています。それは無農薬とフェアトレードです。特にFLOだけに絞っているのではありませんが、私個人的には人と土にダメージが少なくて、なるべく楽しい生活を送れるようにしよう、という感じに魅かれています。



どうか明日もいい香りがきますよう
                          奈良にて コーヒー冬青 拝

〈送料につきまして〉
通常のご注文ですと、日本郵便の<レターパック>を使用させて頂きます。
ふつう・360円 と 速達・510円 とが現在有りますのでご指定のない限り
ふつう・レターパックライトを利用して、送料は360円になります。



「焙煎加減について御一報いたします。」
商品の語尾に no.3 , no.4 等と記していますが、Edward Micro Coffee でもって勝手に点けていますが

no.3 は2ハゼの真っただ中かそれ以前。
no.4 は2ハゼの最盛期からそのすぐ後。
no.5 は2ハゼ終了あたり。
no.6 は完全に2ハゼ終了。
と豆に依りずれますが、その辺りの焙煎です。

ご参考にはなるか解りませんが「アグトロンの指標」という色味表がありますので、追記してみます。

no.3 : #55
no.4 : #45-#35
no.5 : #25

のあたりです。
梅雨にはいりました。今年も無事に越せますように。
知らず知らず、環境や天候には、気分も体調も左右されがちですが、
よい日を。